神保佳永の「彼氏も喜ぶワンプレートごはん」 vol.006

フライパン1つで、 ふんわりパンケーキプレート

パンケーキ、最近の食べ物と思いきや、粉・水・石器・火があれば作れることから、なんと古代エジプト時代には作られていたそう。スイーツとして食べることもあれば、食事として食べることもある、実は歴史の長いパンケーキ。今回は食事バージョンで。

材料(2人分)

[ パンケーキ ]
卵……4コ 砂糖……40g
小麦粉……60g
ベーキングパウダー……4g
牛乳……40cc
ほうれん草……2軸分
ケチャップ……少々
ベーコンスライス……厚切り2枚

[ スクランブルエッグ ]
卵……2コ
牛乳……30cc
塩こしょう……少々
シュレッドチーズ……大さじ1杯
バター……少々
オリーブ油……少々

作り方

[ ふんわりパンケーキ ]
❶新鮮な卵を黄身と白身にわけ、黄身に小麦粉とベーキングパウダーを合わせ、牛乳で生地をとく。❷卵白と砂糖でメレンゲを作る。❸①に②を3回位に分け混ぜる。1回目は①と②がちゃんとなじむ様に混ぜ、2~3回目はさっくりとメレンゲをつぶさないように混ぜる。❹テフロンのフライパンで両面を焼き、お皿に移す。 ※表面が少しきつね色になっていれば完全に焼けていなく、中身がふわとろっぽい感じでOK!

[ ベーコンソテー ]
パンケーキを焼くのと同時に、お好みの厚さのベーコンを一緒のフライパンの端で焼き、お皿へ移す。

[ ほうれん草のバターソテー ]
ほうれん草でフライパン上にのこった色々なうま味を吸い取るように、ササッと火を通す。

[ チーズスクランブルエッグ ]
溶いた卵をフライパンに流し入れ、フライパンとさえばしをスピーディに動かし半熟に火を通し、そこにチーズをパラパラ。

POINT 1
スクランブルエッグは菜箸で空気を入れながら数回かき回したら、後はいじらず、全体が繋がってる位の状態でふんわり卵料理に。
POINT 2
生地は黄身と白身を分けて後から混ぜることでふんわり仕上がりに。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。