トムセン陽子の「Love Whisky?」 vol.010

ウイスキープロフェッショナル
トムセン陽子がお薦めする、秋の夜長のお供

コロナ禍で暗いニュースが多い中、個人的に嬉しいことが。

7月に受験したウイスキープロフェッショナルに、
この度無事合格することができました。

ウイスキープロフェッショナルは、ウイスキーエキスパート資格保有者を対象にした、より深い知識を問う試験で、記述式の筆記試験と官能試験(ブラインドテイスティング)から成ります。

かなりの難関試験でしたが、なんとか合格できたことは素直にとても嬉しく、今後ますますウイスキーの魅力を探求していこうと思いを新たにしました。

今回は、その官能試験で出題された銘柄のひとつ、「ハイランドパーク12年」をご紹介。

スコットランド本土の北に位置するメインランド島にある、スコッチの中でも一際寒い地域で作られたシングルモルト。
華やかで甘みがありながらも、奥からピーティー、潮っぽさも感じられる、オールラウンダーな1本。

ラベルは男性的ですが、女性も好んで飲める、ほんのり甘くやさしい飲み口。
秋の夜長のお供に、ぜひ!

↑北のオールラウンダー、ハイランドパーク12年。ゴツゴツしたボトルからは想像し難い、華やかなアロマ。

↑自宅にある自慢のウイスキー棚の前で。
ウイスキープロフェッショナルは大きな目標だったので達成感はひとしお。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。