ACTIS×下野 紘 スペシャルインタビュー

ただ自分の意見だけ述べるのではなく、ちゃんと周りを見た上で自分の意見を言えることが、自立した女性なのかな

● アクティブだなと思う、女性の行動は?

下野:何だろうな〜。もちろんよく外に出かけて・・・とかもアクティブだと思うんですけど。この状況下なんで今は難しいですが、現場終わりとかでみんなで飲みに行こうとなって仲間内で飲みに行ったりすることがあるんですけど、そういう時に「飲みに行く!」といって積極的に参加される女性はアクティブだな、と思いますね。

スタッフ:遠慮せず積極的に参加するタイプですか?

下野:そうですね。むしろ「今日行くんですよね~?」ぐらいの勢いでくる女性はアクティブだなと思いますね。

スタッフ:アクティブな女性、基本的には苦手ですか?

下野:いや、全然!むしろ、特にアフレコが終わってみんなで飲みに行くのは仲間意識じゃないですけど、そういう気持ちが生まれたりするのでそういうのに参加してくれると「一緒に仲間で作ってくれてる」という気持ちになるので、僕もそうですけど、特に先輩方はそういうのに参加してくれる女の子の存在を結構重宝したりありがたいと思ったりしてますね。

スタッフ:今日初めてお話しさせていただいてすぐに社交的な方なのがわかったので飲み会など、きっとご自身も喜んで参加するタイプなのかと思って話を聞いてました。

下野:そうですね、何だかんだやっぱりしゃべる仕事してはいますけど、ここからより人と接したりする機会があるとすごくありがたいなと思いますし、僕自身も楽しいなと思って、そういう意味ではよく参加したりよく喋ったりしますね~。(笑)


● 下野さんご自身はアクティブですか?

下野:比較的アクティブになったのかもしれないですね。この仕事をやりはじめてアクティブになってきたような気がします。
だんだん仕事をやらせて頂ける機会が増えて、外に出る事、いろんな所に行くことが結構増えたりとかして、そこからアクティブになっていった気がします。
家にじっとしているというのが昔は結構好きだったんですけど、今はあんまり得意じゃないかもなと思います。
今では休日でも必ず外に出ますね。そういう意味で、ある種アクティブなのかもしれないです。
だから周りでも結構「休日は家から一歩も出ない」という人はいるんですけど、僕はそれ無理ですね。(笑)


● ちょっと小耳に挟んでしまって、メガネ女子に弱いという情報も…。

下野:(笑)

スタッフ:それは本当なのでしょうか?

下野:まさかここでこの話するとは、思いませんでしたけども。(笑)
そうですね、まごう事なく弱いです。

スタッフ:ビジュアル的に弱い?(笑)

下野:ビジュアル的にですね。
昔からほんとに、それこそ、思春期の頃からですかね。

スタッフ:賢そうなというか、知的なイメージに??

下野:「真面目そう」とか「堅そう」とか、そういうところに何か魅力を感じたりしてるんだと思うんです。

スタッフ:じゃあ本当だったんですね。(笑)

下野:本当ですね。メガネかけると、僕の中では2割増しで可愛くなったりという。(笑)

スタッフ:じゃあ、今私も一応かけましょうかね。

下野:いやもうほんと、みなさんかけていただいて。男子も女子もかけていただいて。(笑)


● 下野さんは唐揚げがお好きと聞いたことが…実際お好きなんですか?

下野:そうですね、入ったお店で僕好みっぽい唐揚げがあるとやっぱりどうしても気になって、その定食を頼まなくても追加で注文できるのなら頼んでしまったりとかっていうこと全然あります。

スタッフ:どういった唐揚げがお好きなんですか?

下野:僕はとにかく、衣がうっすーいのが好きです。衣はなるべく薄めで、かつ、少し茶色めのカリカリっとした部分が残っているの。

スタッフ:中はジューシーなものが?

下野:あっ、胸肉がいいんですけど、ただ、ジューシーではあってほしいんです。だから柔らかい胸肉とか最高ですね。

スタッフ:最高ですね。

下野:やっぱり唐揚げ食べてるとどうしてもカロリー面も気になるけど、なるべく美味しく食べたいので気持ち的にヘルシーな唐揚げが食べたいなって思います。

● さて、ニューアルバム「WE GO!」のお話に移ります。こちらレコーディングは日本でされてるんですか?

下野:そうですね。レコーディング自体は日本で行ったんですけれども、「WE GO!-On Your Mark-」というアルバムの中に入っている表題曲に関してはトラックダウンという作業をロンドンの方で行わせていただきました。
ミュージックビデオと、CDのジャケット等々の写真撮影も、ロンドンでやらせていただきました。

スタッフ:ロンドンの滞在で思い出はありますか?

下野:そうですね、いろいろあるんですけど…やっぱりロンドンってイメージとして曇ってるとか雨が降ってるとかありますよね?

スタッフ:そうですね。

下野:霧のロンドンって言われたりとかするぐらいであまり天候には恵まれないのかなっと思っていたんですけど、意外と晴れ間が見られる瞬間があったりとかして。
向こうのコーディネーターの人達からも、こういう晴れ間のロンドンって、なかなか見られませんよ~みたいなこと言われて。
それはすごく運が良くて感動的でした。

スタッフ:では、ゆっくりご飯食べに行ったりとかっていうのはできなかったんですか?

下野:はい、慌ただしい中でも色々と現地のご飯を楽しませていただき、美味しくいただいたりとかしたんですけど、あの~…日本風のカレーは…。(笑)

スタッフ:(笑)

下野:カレーとはなんぞや、という…。

スタッフ:謎のカレーだったんですね。(笑)

下野:そうですね。カレーなのかな?っていう香りと共に、何かがよくわからない酸味と、激しめの辛みと…。あと、何とも言えない甘み?そして、なぜだろうか…八角の香り。

スタッフ:何でも入ってそうですね。(笑)

下野:何でしょうね、「どうしてこうなったんだろう?」というカレーに巡り合いましたね。(笑)
僕が頼んだわけじゃないですけど、食べられた方は「ずっとその味が舌から消えない」と言ってましたね。(笑)

スタッフ:(笑)
人との思い出、楽しかったことはありますか?

下野:思いの外大人数で修学旅行みたいな感じで行ったのでちょっとだけ飲みに行ってみんなでワイワイしたりしたんですけど、アジア系の料理を出してるお店の店員さんでチーフリーダーみたいな感じの人がすごくノリが良くて。
ロンドンってジンが有名というか、美味しいって言われていたのでジントニックを頼んでたんですけど。
ジントニックを頼む回数が増えていったら、その店員さん、だんだん何か気持ち良くなってきたのか
「お前らまたジントニックだろ?」っていってきたんですよ。(笑)

スタッフ:(笑)

下野:「ユーアージントニック?ジントニック? オーイエー、ジントニ〜ック!」って言われ、大量のジントニックを作って持ってくると、「ジ〜ントニ〜ック!!」って大きな声で。(笑)

スタッフ:演出してくれたんですね。(笑)

下野:すごくテンションが高くて。それはそれで楽しかったですね~。気さくというか。

※ロンドン滞在は新型コロナウイルスの影響が出る前の体験談です。


● 今回のアルバムの下野さん的な注目ポイントは?

下野:今まで僕自身がアーティスト活動、歌を出してきた中で比較的マイナー系なロックサウンドの楽曲が多かったんですけれども、今回のアルバムに関しては、(現状のコロナ禍の中で)ライブをいつ出来るか明確に決まってなくて、「いつかライブをやるときにはみんなで一緒に盛り上がれたらいいな」という思いで、盛り上がれるような、テンションが上がるような、今回はそういう楽曲を多めに作らせていただきました。

スタッフ:「いつかライブで見たいな」と思ってもらえるような?

下野:そうですね、アルバムのテーマは「MODS」で60~70年代のイギリスのファッションや音楽・文化を指す言葉なんですが、少しどこか懐かしいロックで、でもそれを現代風のテイストとうまくブレンドしたサウンドにしています。
このアルバムを引っ提げてみんなで盛り上がれるような楽曲を…とそういう思いで今回作らせていただきました。

スタッフ:「WE GO! -On Your Mark-」も、すごい前向きになれるようなパワーを感じる曲だなと、ミュージックビデオを見て思いました!

下野:ありがとうございます!


● 下野さん的に、アルバムの中で「こういう時期だからこそ聞いてほしい曲」はありますか?

下野:それでいうと、スタッフ陣ともこういう状況下になるなんて想定せずに楽曲を作っていた中で、「WE GO! -On Your Mark-」って、今のこの世の中で前向きになれるような「応援ソング的な詞になっているよね」みたいな話になっています。
確かに辛い時があるかもしれないけれど、そこで辛いという事を考えるよりは、きっと「明るい未来」が待っていたり、「楽しい未来」が待っていたりするはずだから、『希望をなくさずに前向きに踏ん張っていこう』というメッセージが詞の内容に含まれていたりします。
この曲はヒャダインこと前山田健一くんに書いてもらいましたが、彼の楽曲には珍しい、ロックの楽曲をリクエストして詩も彼に書いてもらいましたが、まさに今のご時世で前向きになれる素晴らしい曲を作ってくれて。
今までの僕のサウンドに新しい風を吹かせてくれました!そういう意味では「ちょっと落ち込みそうだな」という時に、「WE GO! -On Your Mark-」を聴いてもらえるとありがたいですね。


● 今回の特集にあります「お取り寄せ」お気に入りはありますか?

下野:過去に自分がロケで行ったお店があるんですけど、北海道の「シャケ番屋」というお店の鮭の切り身、そのシャケがとにかくもうものすごく美味しくて、時鮭(ときしらず)っていう、幻と言われる鮭なんですけど。脂のノリを含めて本当に美味しかったんです。
僕結構、鮭とか魚の皮を炙るだけ炙ってパリパリにしたのがすごく好きで、シャケ番屋の鮭の皮が本当に絶品で。
ちょうどお取り寄せも始めたという話で、ちょっと取り寄せてみたらやっぱり美味しくて。冷凍の切り身で届くんですけど、お店に行って食べた鮭と同じぐらい新鮮というか…。すごく美味しかったです。

下野紘さんオススメの「シャケ番屋」公式サイトはこちらから!
➡︎ https://syake-banya.jp
ネットショップでも「船上活〆トキシラズ」や「トキシラズフィレー」など購入可能です!

下野紘ソロプロジェクト公式サイトから詳しい情報をチェックしよう!
ホームページはこちら ➡︎ https://shimonohiro.com/
Information:下野紘1stアルバム「WE GO!」2020年8月19日(水)発売
・初回限定盤(CD+DVD) 4,000円+税 品番:PCCG.01872
仕様:三方背BOX、特製ブックレット、フォトブック付
映像特典:「WE GO! -On Your Mark-」MV
「WE GO! -On Your Mark- 」MVメイキング ショートバージョン
・通常盤(CD ONLY) 3,000円+税 品番:PCCG.01873
封入:特製ブックレット
・きゃにめ限定盤(CD+DVD)4,500円+税 品番:SCCG.00046
仕様:三方背BOX、特製ブックレット、フォトブック付
映像特典:「WE GO! -On Your Mark-」MV
「WE GO! -On Your Mark- 」MVスペシャルメイキング
※特典、仕様は変更になる可能性がございます。
※封入特典:ライブチケット優先販売申込券

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。