1. HOME
  2. LIFE & CULTURE
  3. アロマの一歩・エッセンシャルオイルってなに? | アロマ的特異点 #01
LIFE & CULTURE

アロマの一歩・エッセンシャルオイルってなに? | アロマ的特異点 #01

深掘りすると色々な世界に通じているアロマ。
そんなアロマの魅力を、アロマセラピスト・ガーデンセラピーコーディネーターの「うのか」さんに教えていただきます。
第1回目はアロマの基本「エッセンシャルオイル」についてです。
毎月第3月曜日更新。

皆様はじめまして!アロマセラピストの「うのか」と申します。

アロマテラピーが日本に上陸してから20年ほどが経ち、現代では気軽に取り入れやすいアイテムとなりました。
それに伴い、様々なアロマ関連のグッズが販売されています。

私はアロマテラピーが「癒しの定番」になる日が来るなんて当時は思いもしませんでした。

アロマテラピーは癒しの目的だけではなく、マタニティアロマ、介護アロマ、そして緩和ケアなどの福祉の現場でも導入されている例があります。

私自身は家族の介護がきっかけでアロマテラピーの存在を知って学び始めたのですが、深掘りしてみると様々なものに取り入れることができる万能な存在だということを知り、「本当に癒されたいのは私だったのかもしれない」ということにも気づきました。

今回より連載させていただくテーマは、「アロマがあればなんでもできる(かも)」を合言葉に、アロマテラピーの活用方法、そして20年間アロマと共に歩んできた独自の視点からのアロマテラピー論、セラピスト論なども書いていきたいと思います。
様々な方にアロマテラピーのことを知っていただけるような内容を目指します。
よろしくお願いいたします。

まずはエッセンシャルオイルのことを知ろう

アロマテラピーの主役であるエッセンシャルオイル(精油)は、全て植物から抽出されており、植物の種類や部位によって抽出方法が異なります。

手間がかかる高価なオイルからメジャーな植物や柑橘から採れるオイルまで、数え切れないほどの種類が存在します。

同じ植物のオイルであれば同じ香りという認識ができますが、慣れてくると産地やショップの商品によって香りの違いが分かってきます。
このように、たった1つの香りから色々なイメージや感覚を持つことができるのも、アロマテラピーの楽しみ方のひとつですね。

エッセンシャルオイルを選ぶ基準はあるの?

エッセンシャルオイルは人の体や顔に使うことができるのはもちろん、ハンドメイドクラフト、手作り化粧品、ナチュラルクリーニングなど様々な用途に使用することが可能です。

国内では日本アロマ環境協会(AEAJ)の表示基準に認定されているものが良しとされることが多いですが、それ以外にオーガニック、セラピストグレード、コスメグレードなどのグレード表記のエッセンシャルオイルも増えてきています。

その人がどのような目的で使うかによりけりですが、市場に出回っているものはほとんどがAEAJ認定のエッセンシャルオイルなので、こだわりなどがない限りは「いいな」と思った香りのエッセンシャルオイルを選ぶと良いです。

アロマの一歩・初めての人におすすめの香り

アロマテラピーをこれからやってみたい人や興味がある人に対して個人的におすすめしている「はじめの3つの香り」があります。

それは、

”ベルガモット・グレープフルーツ・レモングラス” の3つ。

上記は「誰もが記憶しているであろう香り」で、アロマテラピーに「癒し」を求めるならまずこの3つの香りを試してみると、気づいたら他の香りにハマるパターンが多いです。

王道アロマのラベンダー、ペパーミント、ローズマリーなどのハーブ系もいい香りですが、刺激を感じやすい場合があるのでまずはこの3つから試してみて、その後にハーブ系そしてウッディ系、フローラル系と、段階を踏んで試してみてはいかがでしょうか。

アロマテラピーは「最初に選んだ香り」がその人の五感を巡る香りの物語が始まり、その後のアロマ道が決まるのでライトなものから選びましょう。

エッセンシャルオイルは身近な植物達からの副産物なのです

最近はエッセンシャルオイル付きのアロマのムック本が発売されるようになるまでにメジャーになりつつあるアロマテラピー。

ふと周りを見渡すと、歯医者さんや美容室などでもアロマを焚いているところを見かけます。

エッセンシャルオイルは欧州では医薬品として処方が必要な国もありますが、日本では今も昔も雑貨としての扱いです。
この現状をポジティブに考えると、日本では誰もが普段の暮らしの中で新しく取り入れられるものとして始められるのではないかと私は感じています。

今後の連載では大人だけではなくお子様にもできるアロマクラフトなども作っていく予定なので、これを機にアロマテラピーに興味を持ってもらえればと思います。

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

【WEBマガジン「ACTIS」連載記事 「美容室とサスティナブルと環境問題 #13」更新のお知らせ】

女性向けのWEBマガジン「ACTIS」の連載記事「美容室とサスティナブルと環境問題 #13」が公開されました。

2021年、中目黒にOpenした美容室「Bonheur7」代表のBomさん。

サスティナブルや環境問題を考えた美容室を作っていらっしゃいます。

第13回目は、「サスティナブルとアクセサリー」

今回は、貴金属品の制作、販売をしているAtelier geamlの真崎さんの作品をご紹介していただきました!
画期的なアイディアのサスティナブルアクセサリーをぜひご覧ください✨

毎月第4水曜日更新です。

詳しい内容はこちら👇
https://actis.press/2022/06/22/bom_sustainable_13/
(当アカウントのプロフィールリンク)よりご覧ください♪

#ACTIS #actis_fp #Bonheur7 #サスティナブル  #中目黒 #環境問題 #美容室 #アクセサリー
...

8 0

【WEBマガジン「ACTIS」連載記事更新のお知らせ】

女性向けWEBマガジン「ACTIS」にて連載中の「花と植物とイロドリLife #11」が公開されました!

Museum of plants -植物の美術館-をコンセプトとし、アクセサリーやフラワーアレンジメント等のデザイン、製作を手がけているボタニカルブランド「hakumokuren」主宰のmiwaさんに“日常をちょっとだけ特別なものに彩る植物のある暮らし”をテーマに綴っていただきます。

今回は、梅雨入り前に楽しんだ、愛犬メルくんとの自然を感じるお散歩の記録をご紹介いただきました。
毎月第3月曜日更新予定です。

最新記事は、https://actis.press(当アカウントのプロフィールリンク)よりご覧ください。

#ACTIS #actis_fp #WEBマガジン #最新記事 #最新記事更新情報 #花と植物とイロドリLife #ハクモクレン #ボタニカルブランド #hakumokuren #botanical #植物のある暮らし #樹脂アクササリー #アクセサリーデザイナー #紫陽花 #梅雨 #愛犬 #犬のいる暮らし #チワックス #植物のある暮らし #散歩
...

9 0

【WEBマガジン「ACTIS」連載記事更新のお知らせ】

女性向けWEBマガジン「ACTIS」にて連載中の「みち草さんぽ #13」が公開されました。

デザイン会社に勤務しつつ、6歳の男の子を育てる一児の母のmaiさん。「みち草さんぽ」では、そんなmaiさんの日常と身近な植物たちをご紹介していただきます。

今回は、梅雨の季節によく見かけるあの雑草のご紹介。

最新記事は、https://actis.press(当アカウントのプロフィールリンク)よりご覧ください。
(こちらの連載は、毎月第3金曜日更新予定です。)

#ACTIS #actis_fp #WEBマガジン #最新記事 #最新記事更新情報 #雑草 #草花 #みち草さんぽ #flower #weed #散歩 #雑草の花 #摘草 #花のある暮らし #コラム #紫陽花 #ドクダミ #梅雨 #雨の日散歩
...

16 0